人気のボトックスで理想の小顔になろう|美人になる簡単ケア

女の人

注入する成分を考える

女医

ボトックス注射が美容外科で取り扱っているプチ整形の中で高い注目が寄せられていますが、受ける前に先ずはどの会社から生産されたボトックスなのかを知っておくことも重要なポイントです。主にアメリカの大手会社が生産されたものと、韓国の大手会社が生産されたものの2種類に分けられます。安さを追求している場合は韓国産が適していますが、厚生労働省からの承認の有無を重視したい場合は多く出回っているアメリカ産のボトックスが良いといわれています。細かい基準を設け、これらの審査をクリアしているため、トラブルが起こってしまう心配が少ないでしょう。

使用しているボトックスの質が良くても、注入の方法が誤っていれば皮膚の炎症や体調の異変といったトラブルが起こってしまう場合もあります。それらを回避するためにも多くの実績を持っている医師を見つけることが大切でしょう。まずはこれまでどれくらいボトックス注射を施しているのか、症例とともに件数を知っておくことが大切です。ネットでの情報はもちろん、更に知りたいことがあれば実際にクリニックに訪れて話を聞くことで最適なボトックス注射のプランであるか知ることができます。なお、良い点だけでなくリスクに関してもきちんと説明し、これらを回避するためのケア方法を提案してくれるか見極めておく必要があります。

ボトックス注射によって理想の小顔になるためにも、どのように成分を注入するのかしっかり考えておく必要があります。適当に注入してしまうと筋肉の付き具合のバランスが悪くなってしまい、却って顔が大きく見えてしまったり、老けて見えてしまったりする恐れもあります。カウンセリングではメリハリのあるフェイスラインに仕上げられるよう、仕上がりのイメージを提案しながら施術の計画を立てていきます。それにより、ボトックス注射による小顔効果をしっかり実感できるでしょう。

ボトックス以外にも小顔になれる施術が美容外科で用意されているため、顔が大きい原因を踏まえ比較し、絞り込んでおくことが大切であるといえます。同じプチ整形でいったらヒアルロン酸注射であり、頬などに注入することで顔を立体的に見せることができます。小顔といったら筋肉をほぐしたり、脂肪を除去したりしないといけないイメージもありますが、フェイスラインのメリハリも重視しておくことも大切といわれています。ヒアルロン酸注射は安全性が高く、短時間で終わるため受けやすいと話題になっています。また、ヒアルロン酸以外にも脂肪溶解注射などが小顔ケアで用いられるようになっています。